blog

政治のことをあなたと語り合いたい✴︎恋話のように♡

【政治と選挙のおはなし】 
  
  
こちらの写真・・・
「何の数字だと思いますか?」 
 
\\46,000,000//

よんせんろっぴゃくまん
 
 
ヨンセンロッピャクマン 
 
 これは、日本の 
 
【無投票数】です。 
 
 

「俺なんかの一票で何も変わらない」  
「票を入れたいまともな人がいない」 
「よく分からない」 
「忙しい」
「雨だからだるい」 
「そもそも選挙って何?」 
 
そんなマイナスなイメージで溢れている日本の選挙。 
 
先日7月17日に、 
パタゴニア 福岡 で開催されていた
「ローカル選挙カフェ」に参加したことがきっかけで、
私の「政治と選挙」のイメージが
ガラッと変わった。
 

とにかく「楽しい!!!!!!」
 

この一言だ。
 

何故変わったかって??
 

今まで日本国内ではタブー視されていた政治や選挙の話題は、
本当はフラットに話し合えることを知ったから。
 

そして、先日、急遽思いついて、開催させて頂いた、
ローカル選挙カフェ語り場1 は、
前日にお声がけさせて頂いたにも関わらず、
9名の方にお越し頂き、
下は13歳。上は60代と、
本当に幅広い世代の方々にご参加頂きました!
 

あ!!下は私の息子侑大だ・・・なので6歳です💛

そして、参加できなかったけれど、興味がある!
行きたい!でも先約がある・・・
と、私が想像していた以上に、みなさま実は、
「興味がある」方が多いことを、こちらの
イベントページをシェアさせて頂く中で、 
知ることができました。
 

中には、
「最近、政治に興味を持って色々と選挙についても知りたいことがたくさんあります。
引き続き、情報は是非共有頂けると幸いです。」
 

とメッセージを頂いたり、こんな無知な私でも、
学んだことをシェアしたり、共有することの大事さを
感じることも出来ました✴︎ 
 
 
そして、1日しか準備期間がなく、
至らぬ点も多々あったかと思いますが、
とても濃厚な時間を参加されたみなさま、
そしてメールでやりとりさせて頂きました 
"あなた" と共有できたことが本当に嬉しかったです。

選挙投票前にふと思いついたこの企画ですが、
とっても楽しいので、
投票が終わった後も、 
引き続き続けていきます。 
  

今回、お力添えを頂きました、 
Tomoshi Bito株式会社 代表取締役社長の 
廣瀬 智之 (Tomoyuki Hirose) さん✴︎  
 

お忙しい中、ご協力頂きまして、
どうもありがとうございました!!! 

\社会問題が自分事になる社会づくり/
 
をモットーにお仕事を立ち上げた素晴らしき方です✴︎ 
 
携帯アプリ・・・「どっち?」がめちゃくちゃいい!

チェックしてみて下さいね💛

次回は
7月26日(金)
10時半〜13時半まで
#サンレボ にて開催致します✴︎ 
 

⬇︎ ⬇︎ 詳細はこちら⬇︎ ⬇︎ 
 

ローカル選挙カフェ語り場2
 
入場無料・入口もお手洗いも店内も全てバリアフリーです✴︎
老若男女問わずご参加できます💛
赤ちゃんでもいいよ💖
 

まずはお礼とご報告まで・・・
 

あなたと恋話のようにフラットに政治のことを

話せることを願って・・・💛

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 

今、あなたが持っている「選挙権」は、
つい数世代前までは「選挙権」を持てなかった時代があることも知った。 
 
 
女性には選挙権がなかったらしい。
これ、日本のこと。
 

おじいちゃんのお母さんの世代かしら・・・ 
  
 

それを知った時、
 
 

今、私が持っている「選挙権」って、
すごいことなんだって知った。

だって、少なからず「意思表示」できるのだから。

そして、地域の代表を、選ぶことができるのだから。
 
 

分からないなら調べて欲しい。
 
(さっき書いた「どっち?」アプリでもいいし!)
 

今は投票する時期じゃないと思うのなら、
 

一体、いつするのか?

どんな時代になったら、どんな世の中になったら
 

その「時期」に来るのか?
 

聞かせて欲しい。
 
  

あなたが「投票したい」と思う時、
 
 
 

今以上に「自由のない日本」にならないことを願いたいけれど、願うだけでは何も変わらないことも知った。
 
 

・・・全ては行動だ。・・・ 
 
 
 
46,000,000
 
 

よんせんろっぴゃくまんぴょう


を動かすんだ!!!!! 

”地球の為に・自分の為に・子供達の為に” 

 


私も、投票しに行きました💛


希望を持って行きました💚 

 

そしたら 選挙結果が氣になり、

ずっと見ていました💙

今までだったら

"ドラマ" を見ていたけれど・・・w 

 

-blog