blog

スンミスタイルの歴史②

現在→過去の順で、

"スンミスタイル" 独自の

クリチャーズチューニング

が出来るまでの道のりを綴っています。

最初に綴ったのは・・・

"自由"

あなたにとってこの "自由" って

何だと思いますか??

この内容はこちらをどーぞ→✨自由な時代へ◎

そして、

スンミスタイルの歴史

英語表記は『Sunme Style』です。

その由来と過去のお話はこちら→スンミスタイルの歴史①

さて、今日はスンミスタイルの歴史の続きです。

〜〜スンミスタイルの歴史②〜〜

約10年間、

医療業界に勤めていた私は、

悔しい思いを沢山経験してきました。

特に看護助手として勤めていた頃は、

毎日自分自身の無力感と葛藤していました。

今からお伝えする内容は私自身の見解ですが、

病院というのは完全縦社会の仕組みになっています。

なので、シンプルにお伝えすると、

《ドクター指示》

《看護師指示》

《看護助手》

という仕組みの中で業務を行います。

”上に逆らってはならない”

暗黙の了解の世界がそこにはありました。

(私自身が感じた解釈です。)

主な業務として、

●入院患者様のお食事介助

●オムツ交換

●お風呂介助

●汚物処理

●ベッドメイキング

1日に何度も入院と退院が繰り返される現場。

看取りの場でもありました。

そんな毎日慌ただしく流れていく緊迫した現場

医療現場スタッフ・患者様・面会されるご家族やご友人。

本当に十人十色、様々な"性質"を持った方々と、

毎日接していました。

その中には・・・

非人道的な応対をする若いナース。

逆に、愛に溢れたお掃除のおばちゃん。

妊婦中の私を氣づかって下さるスタッフや患者様。

"様々な感情" がどんどん溢れてくる現場。

・・・

怒りを抑え、悲しみを堪え、

"ただただ業務をこなすだけ"

という仕事の仕方が性に合わない私は、

時間を見つけては、

ベッドで1人、天井を見上げている患者様たちに

お声がけをし続けていました。

(業務外のことなので隠れてこっそり・・)

ある時はカーテンを開けながら

「◯◯さん!おはようございます✨

今日はとってもお天氣がいいですよ〜!」

ある時はお茶入れの時に、

「◯◯さん♪今日はどんな1日にしたいですか〜?」

ある時はお風呂介助の移動中に、

「◯◯さん♪これからお風呂ですよ〜!

お身体きれいにすると氣持ちぃですよね♪

樂しみですね〜!!」

会話が出来る方・出来ない方に関係なく、

とにかく毎日、毎日、時間を見つけては、

お声掛けを続けていました。

そんなある日のこと。

寝たきりでいつも天井を見上げ、

声を一切発しず、目も合わせない男性。

身体は点滴などのチューブだらけ。

脳梗塞で半身麻痺になっている方が、

いつもの様に話かけていると、

『にこっ』と

笑みをこぼしてくれたのです。

「あ〜!!◯◯さん笑って下さいましたねぇ!!

嬉しい!!✨また笑顔見せて下さいね♪♪」

と、私自身とても感動したことを覚えています。

その時から、

「あぁやっぱり人はどんな状態であれど

"感情" がそのまま伝わるんだ!」

そんなことを実感した瞬間でもありました。

ある時は、手をぎゅーっと握って反応を示してくれたり、

声を出してくれたり。

その患者様だけでなく、色々な方々から、

"思いを込めたものは伝わる💓"

ことを教えて頂きました。

医療現場に10年。

悔しい思いもいっぱいしましたが、

その分、感動したエピソードもいっぱい。

ドクターじゃないと何も出来ない。

ナースじゃないと何も出来ない。

理学療法士じゃないと何も出来ない。

って劣等感でいっぱいだったあの頃。

人と比べながら生きてきた自分

でも、

"今の自分にできること"

見つけることが出来た時と、

"それ" を行動することによって

味わうことが出来た "感動" が

次の現場で活きることになるなんて、

その時の私は想像もしていませんでした。

【あなたにもそんな経験はありませんか?】

【劣等感でいっぱいの自分】

【人と比べて生きている自分】

そろそろ、それ、

手放しませんか??

・・・

最後までお読み頂きどうもありがとうございました💓

次はALS難病の方のホームヘルパー時代に遡ります。

つづく・・・

-blog